乳酸菌で歯周病を撃退!

乳酸菌と歯周病の関係

 

乳酸菌は腸内環境を改善し、便秘や下痢を解消する効果が期待できますが、さらに現代病のひとつである歯周病の予防にも役立つことで知られています。

 

歯周病とは、口腔内に存在する細菌が繁殖することによって起こる炎症性疾患のこと。
口腔内にはもともと300〜500種類ほどの細菌が生息しており、腸内同様、善玉菌と悪玉菌の2種類に分類されます。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている間は問題ありませんが、歯磨きが不十分だったり、砂糖などを過剰に摂取したりすると悪玉菌が繁殖しやすい状態になり、口腔内の細菌バランスが乱れてしまいます。

 

特に細菌のエサとなる汚れは「歯垢(プラーク)」と呼ばれており、1mgあたり10億個もの細菌が棲息していると言われています。
悪玉菌が増え続けると、歯肉に炎症が起こり、放っておくと骨にまで悪影響を及ぼし、最悪の場合は歯を失ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

乳酸菌で細菌バランスを整える

 

悪玉菌優位の口腔環境を正常に戻すには、善玉菌を活性化することが大切です。
そこでぜひ活用したいのが乳酸菌パワーです。

善玉菌は乳酸菌をエサとして繁殖・増加するため、乳酸菌を定期的に摂取することで悪玉菌優位の口腔内を改善し、正常な細菌バランスを取り戻すことができます。

実際、東海大学医学部感染症研究室の研究によると、口腔内にいる乳酸菌には歯周病の原因となる悪玉菌を殺菌する効果があることが確認されています。

 

口腔内の環境が整うと、歯周病予防になるのはもちろん、細菌の繁殖にともなう口臭やベタつきなどの症状も軽減されるため、毎日のオーラルケアにもおすすめです。

 

歯周病予防にぴったりのヨーグルト歯磨き

 

乳酸菌はヨーグルトを食べたり、乳酸菌配合のサプリメントを飲むなどして摂取できますが、歯周病対策の場合、ヨーグルトで歯を磨くという方法もあります。

 

  1. いつも通りの歯磨きをした後、口腔内をよくすすぐ
  2. 歯ブラシにヨーグルトをつける
  3. ブラシでていねいにマッサージするように歯を磨く
  4. 残ったヨーグルトを飲み込む。最後に口はすすがない。

 

ヨーグルト歯磨きを行う時のポイントは、歯周ポケットや歯茎を中心に磨いていくこと。
そのため、ヨーグルト歯磨きをするときは、いつも使っているものよりやや柔らかめの歯ブラシを利用するとよいでしょう。

 

また、歯磨きに使用するヨーグルトは必ず無糖のものを使用すること。
加糖ヨーグルトで歯磨きをすると、砂糖が歯や歯周ポケットに付着し、かえって悪玉菌を増加させる原因となってしまうので要注意です。
逆に無糖ヨーグルトを使えば、最後に口をすすがなくても虫歯や歯周病になる心配はありません。

 


関連ページ

乳酸菌サプリの選び方のポイントをチェック!
乳酸菌サプリを選ぶ時におさえておきたいポイントを紹介します。
便秘からアレルギーまで!乳酸菌のスゴイ効果
乳酸菌には、便秘解消のほかに免疫力の活性や抗腫瘍作用などさまざまな効果があります。
乳酸菌にはどんな種類があるの?その特徴は?
乳酸菌はどのくらいの種類があり、それぞれどんな効果を発揮するのでしょうか?
乳酸菌と併せて摂りたい成分・食品まとめ
乳酸菌は単体で摂取するよりも、相性の良い成分と組み合わせた方が効果的です。