乳酸菌と相性の良い組み合わせまとめ

 

乳酸菌は単体だけでもお腹の調子を整える効果が期待できますが、相性の良い成分と組み合わせると、より高い健康・美容効果を期待することができます。

 

ここでは、乳酸菌と組み合わせることで相乗効果を発揮する成分をまとめてみました。

 

オリゴ糖

 

ブドウ糖や果糖などの単糖類が2〜10個ほど結びついた糖類の総称です。
オリゴ糖は腸内にすむ善玉菌「ビフィズス菌」のエサになることで知られており、オリゴ糖を摂取すると善玉菌優位の健康的な腸内環境を作ることができます。

乳酸菌はもともと腸内を整えるはたらきがあるので、オリゴ糖と摂取すれば効果は倍増。

増えすぎた悪玉菌を撃退し、バランスのよい環境を整えて便秘や下痢などのトラブルを解消します。
ちなみに、オリゴ糖は天然の甘味料としても知られており、乳酸菌を含むヨーグルトなどに混ぜると、ほのかな甘みを感じられるデザートとして楽しめるようになるので、まさに一石二鳥です。

 

食物繊維

 

乳酸菌同様、お腹の調子を整える成分として高い知名度を誇っているのが食物繊維です。
食物繊維とは、人の体内に存在する酵素では消化されない成分のことで、食物として取り込んでも吸収されることなく、そのまま便として排出される仕組みになっています。
そのため、食物繊維を適度に摂取すると、便のカサが増してお通じが良くなり、便秘の解消につながります。

また、食物繊維には乳酸菌のエサになり、その数を増殖させるはたらきもあることから、乳酸菌と一緒に摂取するとより効率的に腸内の乳酸菌を増やすことができます。

 

乳酸菌と相性の良い組み合わせ

 

乳酸菌とオリゴ糖、あるいは乳酸菌と食物繊維を同時に摂取する方法はいくつかありますが、ここではおすすめの組み合わせをいくつか紹介します。

 

キムチ+タマネギ

 

キムチは乳酸菌の宝庫として有名ですが、実はタマネギにオリゴ糖が含まれていることはあまり知られていません。
タマネギにはフラクトオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖が100gあたり2.8gも含まれており、発酵食品であるキムチと一緒に食べることが推奨されています。
具体的な食べ方としては、キムチ料理の定番である豚キムチにタマネギを混ぜたり、あるいはタマネギそのものをキムチの材料として使用する方法も効果的です。

 

バナナ+ヨーグルト

 

バナナには食物繊維が豊富に含まれており、便秘の解消に欠かせないフルーツとして知られています。
一方のヨーグルトにはさまざまな乳酸菌が数多く含まれていることから、バナナ+ヨーグルトの定番レシピは腸内環境を改善するためにぴったりの組み合わせと言えるでしょう。

 


関連ページ

乳酸菌サプリの選び方のポイントをチェック!
乳酸菌サプリを選ぶ時におさえておきたいポイントを紹介します。
便秘からアレルギーまで!乳酸菌のスゴイ効果
乳酸菌には、便秘解消のほかに免疫力の活性や抗腫瘍作用などさまざまな効果があります。
乳酸菌で歯周病予防はもう常識!
乳酸菌は便秘や下痢だけでなく、歯周病の予防にも役立つってまだ知らなかったの?
乳酸菌にはどんな種類があるの?その特徴は?
乳酸菌はどのくらいの種類があり、それぞれどんな効果を発揮するのでしょうか?