これじゃ便秘は解消できない?間違いだらけのヨーグルト選び!

便秘解消の食べ物と言えばヨーグルトが定番。

 

忙しい朝でも手軽に食べられる上、フルーツを入れたり、きなこを混ぜたりとアレンジもしやすいので、近年はスムージーと並んで朝食代わりにしている女性が増えています。

 

では、なぜヨーグルトを食べると便秘が解消されるのでしょうか?

 

ヨーグルトが便秘に効く理由

 

ヨーグルトが便秘解消に効果的な理由は、大きく分けて2つあります。

 

乳酸菌で腸を活性化

 

ヨーグルトの中には善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれています。

ビフィズス菌には大腸の動きを活性化する乳酸や酢酸を作り出すはたらきがあり、加齢やストレスで衰えた腸の機能をアップしてくれます。

一方の乳酸菌もビフィズス菌同様、ブドウ糖や乳糖を分解して乳酸を作り出すはたらきがあり、便秘の改善・予防に優れた効果を発揮します。

 

便の水分量を調整

 

便秘になると、便がたまる時間が長くなり、腸内の水分がどんどん奪われてしまいます。
水分が少なくなると便が硬くなり、腸内をスムーズに移動できなくなり、ますます便秘がちになってしまいます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内の水分不足を解消する効果があり、大腸から便を押し出してスムーズな排便を促してくれます。

 

ヨーグルト選びの重要ポイントは?

 

現在、国内ではさまざまなヨーグルトが市販されていますが、そのどれもが便秘解消に役立つわけではありません。
よりすばやく、確実に便秘を解消したいなら、2つのポイントを重視して自分にとってベストなヨーグルトを選ぶようにしましょう。

 

生きて腸まで届く乳酸菌を選ぶ

 

もともと乳酸菌は胃酸や胆汁酸に弱い性質があり、ほとんどは腸にたどり着くまでに死滅してしまいます。
ただ、最近は各メーカーから胃や腸での生存率が高い乳酸菌を配合したヨーグルトが販売されており、生きたままの乳酸菌を腸まで送り届けることができます。
生きて腸まで届く乳酸菌はいろいろありますが、ほとんどの場合、ヨーグルトのパッケージに効果がきちんと記載されているので、ヨーグルトを選ぶ時は事前にしっかりチェックしてみましょう。

 

自分に合ったヨーグルトを選ぶ

 

ヨーグルトや乳酸菌にいろいろな種類があるように、腸内環境も人によって千差万別です。

そのため、スムーズに便秘を解消するには、自分にぴったり合ったヨーグルトや乳酸菌を選ぶ必要があります。

どのヨーグルトが自分に合うかは実際に試してみないとわからないので、まずは1日200〜250グラムのヨーグルトを毎日1週間試してみましょう。
それで便秘が解消されなければ、ほかの乳酸菌入りのヨーグルトに切り替える・・・という作業を繰り返せば、きっと自分にぴったりのヨーグルトに出会うことができます。

 

関連ページ

女性は生まれつき便秘になりやすいのはなぜ?
女性が子供を産む性であることが男性との大きな違いですね。実はこれら女性特有の個性が、便秘に大きな影響を及ぼしているのです。
便秘で死亡?便が何日出なければ病院に行くべきか?
便秘を放っておくと、どうなるの?場合によっては死ぬことも・・・何日出なければ病院に行くべきなのでしょうか?
知っておきたいイヌリンの驚愕の便秘解消効果!
難消化性デキストリンでは効果がなかった人が、イヌリンでは便秘解消が実感できたという口コミも多数見かけます。便秘に苦しんでいるなら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
菊芋の便秘解消効果に業界大激震!
業界が今、菊芋の便秘解消効果に震えている!一体、菊芋にどんな効果があるというのだろうか?
抗生物質で下痢が続く!いち早く腸内フローラを回復させる裏技とは?
抗生物質を飲むと下痢をしたりしてしまう人は、腸内フローラのバランスが崩れてしまうことが原因です。いち早く、その乱れを回復させる裏技について記載します。