抗生物質で下痢が続く!いち早く腸内フローラを回復させる裏技とは?

 

腸内フローラって?

私達人間の腸の中には、数百種類・600兆個もの細菌が生息しています。
このたくさんの腸内細菌が、腸の壁にお花畑(=flor)を咲かせているように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。
つまり、腸内フローラというのは腸内細菌の集まりのことなんですね。

 

腸内フローラには、いい顔をしたものもいれば、悪い顔をしたものもいます。
大きくは、下の3つに分類されます。

 

腸内フローラの分類

善玉菌

身体にとって有用な働きをする菌       
例)ビフィズス菌

 

悪玉菌

腸内で腐敗し、身体にとって有害な菌     
例)クロストリジウム

 

日和見菌

普段は悪さをしないが、体調を崩すと悪さをする菌
例)大腸菌

 

これらのバランスがベストな状態のときに、人は便秘にも下痢にもならず、健康でいられます。
ところが、このバランスが何等かの理由で崩れてしまうと、
便秘や下痢といったお腹の症状だけでなく、肌荒れや老化・生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

 

では、ベストバランスはどのような比率なのでしょう?
腸内フローラのベストバランス=善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7
と言われています。

 

通常はこのバランスに保っている私達の身体は、体調不良や・食生活の乱れ、
年齢・ストレスといった、様々な要因によって日々変化します。
中でも一番大きな影響力を示すものが、抗生物質の服用です。

 

抗生物質を飲むと、腸内環境はどう変化するの?

私達は調子を崩すと、病院を受診して薬をもらいます。
一般的な風邪薬だけなら腸内フローラに対して大きな影響はありませんが、
風邪をこじらせている場合や、“念のため”と抗生物質を処方されることがあります。

 

確かに、抗生物質を飲む方が早く治りそうな気がしますよね?
けれども、抗生物質というのは腸内においては強力な除草剤のようなもの。
善玉も悪玉も日和見菌も、全て一掃してしまうのです。

 

その不安定な状態からいち早く復活するのが、善玉菌ではなく悪玉菌。

 

善玉菌がない状態では、悪玉菌だけワーッと増えてしまいます。
庭や花壇と同じで、なぜか雑草(=悪玉菌)の方が花(=善玉菌)より強くて、成長も早いのです。

 

このように、本来は「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」のバランスが崩れて、
悪玉菌が優位にたってしまうことを、専門用語で「菌交代症」といいます。

 

抗生剤を飲むと下痢をしたり、逆に便秘になったりとお腹の調子が崩れてしまう人は、
腸内フローラのバランスが崩れてしまうことが原因です。

 

安易に抗生剤を服用することは避けるべきですが、体調の優れない時には飲まざるを得ないことも事実。
では、この菌交代症を事前に予防することはできないのでしょうか?

 

完全に、というわけではないにせよ、ある程度予防することは可能です。
それは、腸内という土壌に、事前に善玉菌のタネをまいておくのです。

 

善玉菌の代表選手はビフィズス菌ですが、これを日常的に腸内にまいてあげれば、
いざという時に悪玉よりも先に力を発揮してくれるのです。

 

このように私達の腸内では、細菌達が壮絶な陣取り合戦をしているのですね。
腸内フローラと抗生物質の関係、おわかりいただけたでしょうか?

 

関連ページ

便秘にヨーグルトが効かない!間違いだらけのヨーグルト選び!
便秘を解消するためには、自分の体に合ったヨーグルトを選ぶ必要があります。
女性は生まれつき便秘になりやすいのはなぜ?
女性が子供を産む性であることが男性との大きな違いですね。実はこれら女性特有の個性が、便秘に大きな影響を及ぼしているのです。
便秘で死亡?便が何日出なければ病院に行くべきか?
便秘を放っておくと、どうなるの?場合によっては死ぬことも・・・何日出なければ病院に行くべきなのでしょうか?
知っておきたいイヌリンの驚愕の便秘解消効果!
難消化性デキストリンでは効果がなかった人が、イヌリンでは便秘解消が実感できたという口コミも多数見かけます。便秘に苦しんでいるなら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
菊芋の便秘解消効果に業界大激震!
業界が今、菊芋の便秘解消効果に震えている!一体、菊芋にどんな効果があるというのだろうか?